アルバム『サーカス』

2016.11.23 発売

20年の時を経て 友川カズキ カバー再び

 

中原中也「サーカス」「六月の雨」収録。

石塚俊明(頭脳警察)、ロケット・マツ(パスカルズ)を迎え、火取ゆきと3ピース初レコーディング。6曲(¥2.000)税込.

ライナーノーツ 友川カズキ

 

※『サーカス』は Amazon、他多数webショップでも販売しています。

 

  20年前友川さんディレクターのもとレコーディングした『今すぐわたしを見て』では、初めて歌う曲も多く、友川さんがギターやボイスで参加され、後ろに凶器がいるようだった・・・。「1回しか弾かないから」と言われ歌ったことが、今でも鮮明に記憶に焼きついています。あれから20年「ワルツ」や「海みたいな空だ」を歌い続け、10年前に『今すぐわたしを見て』が完売、その後ツアーであちこち回る度、「ワルツの入っているアルバムはないのですか?」「ワルツの入っているのが欲しい」と言っていただくことがとても多く、改めて再カバーをレコーディングする決意をしました。
 
『今すぐわたしを見て』は30代、今回の『サーカス』は50代、年月が流れた分、〈大人なアルバム〉に仕上がった、と思います。


『サーカス』
曲目  1.サーカス 2. 海みたいな空だ
          3. 地球がおかしい 
4. 花火 5. 六月の雨 6. ワルツ


 

ギター窓からみえる景色
            火取ゆきの ちっちゃなちっちゃな  日めくり
たいなブログ  時々更新!

 

 世の中、春本番で、コロナ第4波か否か、オリンピック本当に開催するのかしら?!もう、滅茶苦茶じゃん、どうする日本?!のこの最中。ご無沙汰しました。
皆さん、無事ですか?! もう、もうすぐ4月。溶けない雪もなければ、来ない春もないというように春は来たのに、、、。

 3.11あの東日本大震災から10年。わたしが、2011年3月2日に、引っ越しをして間もなくだった。今年、震災のニュースで、高台から津波を見ていた人たちが、早く逃げて~!とふるえながら叫んでいる映像をみて、わたしは涙が溢れ出し、それきりあの時に関する一切のモノを見られなくなった。今、海にでも行ったら、海に入ってしまう。
 あの海 あの空にすいこまれそうな感じ。どうにも決着がつけられない自分の中の問題なのか?!いや、生きてきたすべてだ、見たもの、聞いたもの、触れたもの、なくしたもの、捨てたもの、愛したものの、、、すべてが、反応している。これが、あなたなんだよ、というように。生きているのか?、ちゃんと生きているのか?!わたしは!

 ルース・ベイダー・ギンズバーグ判事の「淑女であれ、そして自立せよ」は、彼女がお母様に言われていたことだと聞いた。ギンズバーグ判事自身も、「議論に勝つには怒鳴らないこと。怒れば自滅する」と名言。怒りはなにも生まないのだ。
 叫ぶという行為は、怒りをぶつけるだけだったり、力まかせに相手を殴ったり、罵倒したりという暴力的行為ではない。が、生きていく中で腹が立つことの一つや二つはあると思う。が、違うということを認め、感情をコントロールし、この社会で生きていくための怒りの真意に私たちは向き合うことを余儀なくされる。
 この歳になって、こんなことを思うとは、逃げていいと思えるようになるとは、それが新たに何か始められるかもしれないに等しいようなそんなようなことであってほしい!と、開けられなかったドアのキーを見つけて、そのカギを握りしめているような今日があるなんて!?だ。

  ギンズバーグ判事のご主人であるマーティン氏は、2020年にギンズバーグ判事が亡くなられた際に、インタビューで、「僕は、最初の最初から妻を支えたいと思ってやってきたし、彼女も同じように僕を支え続けてくれました。それは犠牲じゃない。家族だということです」と答えている。
  本当に愛し合い、互いを尊敬し、ふたりで歩き出す人生は愛をカタチにしていくということだ。星の数以上にそのカタチがある。これからもね。愛のないものなんて見たくもない!家族を守るということに、愛がないなんてあって欲しくない。
  わたし、今現在、今年も、ツアーは断念と、腹をくくりました。歌手としての人生だけではなく、ひとりの人間としての人生を選んだのです。ギンズバーグ判事のように、「淑女であれ!自立せよ!」に背中を押されたのです。
  東北の鬼になるとは、こうなのかもしれない、ということを知らされたのだと思います。
   
 コロナ禍でも精力的に活躍しているアーティストも沢山いる中、わたしはあまんじているのかも?知れないけれど、こんなことでもなければ、今のような時間もまた過ごすことはなかったからね。いいふうに考えることに、まだ時間はあるということに、まだ間に合うということに、帆を立てようと思います。そんな簡単に、直ぐに良くなるなんてないのよ。アマくないのよ!、、、ね~!負けないことね。あぁ~、がんばろ!
  あの海をあの空を抱きしめられるような世の中になったらスゴい!抱きしめるか?首絞めるか?頼むよ~未来!守るものがあるだろう!わたしだって、どうやって守ったらいいかわからないのよ。初めて思った、守って下さい!と。愛のないものはいらないと。
  わたしは今生きていられることを、かみしめているようです。唇に血が滲むくらいに。
  早く早く、皆さんにお会いしたい! どうかお元気でいて下さい!

 

2021 LIVE情報 

  COVID-19 のため、LIVE活動は休止しています。

 Due to COVID-19, all LIVE activities have been cancelled.

 

 

 

 

 

 MJさんより、2017.8.21 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR 『地下室ノ表現者たち vol.18』での

映像を You Tube にUPしていただきました。即効バンド(石塚さん、狩俣さん、小池さん、アベさんと)で『祈り』です。火取は座って歌っています。
→  2017.8.21『祈り』(You Tube)
 

 

※↑画像をクリックすると大きくなります。

当HPの画像及び文章等の転載はご遠慮ください。