アルバム『サーカス』

2016.11.23 発売

20年の時を経て 友川カズキ カバー再び

 

中原中也「サーカス」「六月の雨」収録。

石塚俊明(頭脳警察)、ロケット・マツ(パスカルズ)を迎え、火取ゆきと3ピース初レコーディング。6曲(¥2.000)税込.

ライナーノーツ 友川カズキ

 

※『サーカス』は Amazon、他多数webショップでも販売しています。

 

  20年前友川さんディレクターのもとレコーディングした『今すぐわたしを見て』では、初めて歌う曲も多く、友川さんがギターやボイスで参加され、後ろに凶器がいるようだった・・・。「1回しか弾かないから」と言われ歌ったことが、今でも鮮明に記憶に焼きついています。あれから20年「ワルツ」や「海みたいな空だ」を歌い続け、10年前に『今すぐわたしを見て』が完売、その後ツアーであちこち回る度、「ワルツの入っているアルバムはないのですか?」「ワルツの入っているのが欲しい」と言っていただくことがとても多く、改めて再カバーをレコーディングする決意をしました。
 
『今すぐわたしを見て』は30代、今回の『サーカス』は50代、年月が流れた分、〈大人なアルバム〉に仕上がった、と思います。


『サーカス』
曲目  1.サーカス 2. 海みたいな空だ
          3. 地球がおかしい 
4. 花火 5. 六月の雨 6. ワルツ


 

 ギター窓からみえる景色
火取ゆきの ちっちゃなちっちゃな 日めくり
たいなブログ  時々更新! 

 
 耳のピアスの穴がふさがる位ステージに立っていない。もう穴はあけないと思う。去年の暮れに穴がふさがり、ひとつの時代の幕がおりたという感。そして、新年、幕を下ろしたままでね。幕をあけるは、そう簡単にはいかない。


喪中なので、新年の挨拶は控えます。m(_ _)m

 オミクロン株蔓延。何処まで続くのか~!と思うけど、生きて行かねば!みんなも命を大切にして下さい!油断しないようにしましょうね~!

 さて、昨年、エミリー・デキンソンの詩集を手にした。
他人という名の自分に怯えながら、いざとなったらどうなるか!?……潜在しているもうひとりのわたしがいつも心と頭の半分を支配しようとする。なにがわたしなのか!?なにでも誰でもないわたし。悔しさやさみしさ、怒りや悲しみをエネルギーにバネにして、歌ってきたから、マイナスには強い!、、、などとあれこれ考えたりしていた。
 そんなとき、デキンソンの詩集に出会った。前からデキンソンは知っていたけど、ちゃんと読むのは初めて。そして、、、マイナスをプラスに変える。マイナスを知ったから、それが決してマイナスではないというプラス な思考能力で、デキンソンはわたしに夢を与えてくれた。歌うことは今でも、わたしに夢を与えてくれる。歌は世界。社会ではみることを許されない夢がみられる。世界を大切にしたい。夢を大切にしたい。デキンソンの詩集は、わたしのバイブル、生きる勇気も希望も与えてくれる。
 これからも、自由ということをはき違えないように、地道に辛抱強く一歩ずつ歩いていけたらいい!と思う。頑張る力を得るためにも想像することや自分の世界を大切にすることで、人生を表現していこうと思う。get!

 あっ、わたしは、無事だし、変わらず、火取ゆきです。皆さんに会いたいと思う気持ちでいっぱいです。しあわせの黄色いハンカチ、いつも心になびかせて楽しい~!を蓄えています。

皆さん、ほんと、無事でいて下さい!

 

2022 LIVE情報 

  COVID-19 のため、LIVE活動は休止しています。

 Due to COVID-19, all LIVE activities have been cancelled.

 

 

 

 

 

 MJさんより、2017.8.21 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR 『地下室ノ表現者たち vol.18』での

映像を You Tube にUPしていただきました。即効バンド(石塚さん、狩俣さん、小池さん、アベさんと)で『祈り』です。火取は座って歌っています。
→  2017.8.21『祈り』(You Tube)
 

 

※↑画像をクリックすると大きくなります。

当HPの画像及び文章等の転載はご遠慮ください。